プレママ必見!名古屋市千種区にあるフォトスタジオ『ポアロネ』は新生児からでも可愛いフォトブースで撮影が可能です!

おはようございます!ポアロネです。

2020年6月18日の8時半ごろ、名古屋市千種区のお天気は曇りです。雨が降るのか降らないのか分からないそんなお天気となっています。お出かけの際には傘を持っていった方がいいかもしれませんね。

最近、「プレママ」という言葉をよく耳にします。
僕は職業柄お母さん方やお子様と触れ合う機会が多いのでよく聞くのですが、なんせ僕は男なのでそう言ったお母さんたちの間で話題!みたいな情報に対して疎いのです。なので今回は最近本当に耳にするようになってきた「プレママ」という単語について調べていきたいなと思います!

【プレママとは】
初めて妊娠をしてもうすぐお母さんになろうとしている女性のこと。
※ただし、時には2回目以降のお母さんのことをさす時もあります。
プレママの「プレ」とは日本語にすると「前もって〜」という意味になります。そこにお母さんという意味の「mamma」という言葉が合わさってプレママとなっています。前もったママ、つまりもうすぐお母さんになるための準備段階中の女性ということですね!幸せなこと!

こんな機会なので覚えていて損はないママ用語をいくつか紹介したいと思います。

【マタママ】
妊娠している女性全般を指します。
プレママの場合、初めて妊娠したかどうかの判断が難しいです。そんな時に使える便利な単語が「マタママ」。マタママの「マタ」はマタニティーの略語。マタニティーとは日本語にすると「母」という意味になりますが日本ではそのまま妊婦さんの扱いができますが、海外ではそのまま「母」という意味になってしまうので気をつけましょう!

【プレパパ】
→もうわかるかもしれませんが、プレママ同様にもうすぐお父さんになる男性のことを言います。
最近では女性だけでなく、夫婦でマタニティースクールや撮影会イベントに参加するケースが増えてきています。

【ワンオペ育児】
パパが仕事の関係上等の理由で育児になかなか参加できず、ママが育児に専念しなくてはいけない状況になってしまうこと。「ワンオペ」とはワンオペレーション、仕事においてシフトなどの関係でその時間帯に1人で仕事をしなくてはいけないことを指します。僕は先ほど話したようにお子様との触れ合いが多い職種ですのでわかりますが、お子様を1人で育てるというのはかなり大変なことなんです。僕も実際に自分の赤ちゃんがいるわけではないので本当の辛さは計り知れませんが、少なくともママ1人でとなると鬱になってしまうと思います…。僕は絶対に子供ができて育児をするぞ!ってなったら一回奥さんと相談・話し合いをしっかりします。そうすることで自分のやるべきことが見えると思うので。また、育児自体に参加することが難しいのであれば、家事の手伝いをしてあげるだけでも違うと思います。お皿洗い、洗濯物、トイレ掃除、料理etc。世の中の男性の皆さん!お仕事で疲れているのはわかりますが、ここは一踏ん張り!してみましょう!

そんなプレママの皆さん必見です!プレママの皆さんはもちろん赤ちゃんが無事に産まれたらお子様の可愛いお写真をいっぱい撮ることでしょう!でもどうやって写真を撮ればいいの?そんなことは思いませんか?

当スタジオでは、そんなお母さんでも安心して撮影体験ができるブースもご用意しております。

『フラワーベッド』〜新生児からでも安心して撮影できます〜
こちらのブースは赤ちゃんを寝転ばせて撮影する寝転びブースとなっていて、産まれたばかりでまだ撮影なんてできるわけないと思われていませんか?そんなことは一切ございません。ベッドはふかふか仕様となっております!お子様が痛くないような設計になっておりますのでご安心くださいませ。

またお子様の写真を撮影するに当たって、信頼できるフォトスタジオ探しが大事ですよね。でも一回撮影をお願いしてしまうと結構な額の請求をされてしまうなんてことはそう珍しくはありません。むしろ今のご時世、フォトスタジオはどうしても高額なんです。しかし当スタジオは他のフォトスタジオと比べても全く違うところがあります。それは撮影体験のリーズナブルさにあります!他のフォトスタジオは大体、撮影代の基本料金とアルバム等の作成代、キーホルダー等の小物、撮影データのお渡し。こんなにものコンテンツの多さが料金を上げています。中にはお宮参り、七五三の撮影は一生に一度だからとお金をかける人もいるでしょう。でもそんな中にはその時のお子様との時間を大切にしたいと思われている方も少なくありません。当スタジオはそんなお母さんの要望にかなり特化しているスタジオです!

ぜひこの機会にお子様との楽しい時間を作ってみてはいかがですか?

ポアロネ  済藤