子育てに奮闘中のお母さん!!お宮参りでセルフフォトをお楽しみになってはいかがでしょうか?|撮影会|フォトブース|撮影体験スタジオ|

おはようございます!ポアロネです!

こんにちも子育て奮闘中のお母さんお父さん、お疲れ様です!!

皆さん相当苦労していらっしゃるかもしれませんが、お子様の可愛い顔を見たらそんなことも疲れも忘れてしまうのでしょうか?僕はまだ子供がいないので全然気持ちが理解し難いことなのですが、自分にも可愛い子供ができたとしたらそんな気持ちも分かるような気もします。。

どれだけお仕事が大変でも家に帰れば大好きなお子様や奥さんが家にいてくれる。そんな当たり前のような日々がどれだけ温かい日々なのか実感できるような気がします!

ですので皆さんもそんな当たり前のような生活を当たり前と思わずに生きていけたら、そして生き抜いていきましょう!

さて、そんなお子様が産まれたばかりのお母さんお父さんにお伝えしたい!そんな当スタジオのおすすめポイントをお話ししていきたいと思います!

生まれたばかりのお子様を頑張って育児している方におすすめです!
最初の記念日はお宮参り!そんな記念日もお祝いできます!

正確にはちゃんとしたお宮参りをしてからお越しくださるといいと思いますが、当スタジオではもう少し気楽な感じで、ポップな感じでお祝いする場所でもあるので、キチッとしたお祝いをしてからご来店くださいね!

お宮参りって?

お子様を初めて授かり、産んだお母さんなどは結構こう言ったお子様に対しての記念日が把握できていない方が多いと思います。そんなあなたにお宮参りについてお話ししたいと思います!

お宮参りとは、お子様が生後1ヶ月前後になられましたら行う行事であります。

内容と致しましては、先ほど当スタジオにお越しくださる前にちゃんとしてから来てくださいね!と言いましたが、それにはわけがあります!

まずは近くの神社お寺に趣、その土地の産土神(うぶすながみ)にまずはお子様が無事誕生できましたという感謝の気持ちを伝えます。そのあとはこれからのお子様の成長をぜひ見守ってほしいということを伝えます。

こういった行事ですので、男の方はスーツなどしっかりとした格好で、女の方は着付けをして着物でなど。日本らしい清潔感のあります衣装で行くのがベストです。

ですから、お宮参り=清楚感のあるしっかりとした行事となりますから、当スタジオでは撮影ができませんのでご了承くださいね!だから僕は先ほど当スタジオにお越しくださる前にしっかりと行事をしてから来てくださいね!と言ったのです。

もしかしたら、お子様の全ての行事の中でも一番大事な行事ではないでしょうか?

これが「お宮参り」です!

当スタジオの専属カメラマンがお宮参りのカメラマンとして同行できます!

当スタジオではこんなにもキチッとした格好で撮影することや、ご家族の写真などは撮影できませんが、当スタジオ「ポアロネ」の専属カメラマンが撮影依頼を受ければ撮影な同行はできますのでご安心くださいませ。

皆さんはセルフフォトスタジオだからカメラマンがいないとか、カメラマンがいても撮影が下手など思っているかもしれませんが、そんことはありませんよ?

当スタジオには専属カメラマンが3名ほどいまして撮影依頼を受けましたら、2人体制や3人体制などでの撮影をしますから、撮影総カット数も多くなりますし、素敵なお子様の笑顔を作るためにサポートもしますのでぜひこんな機会滅多にありませんから検討してみてくださいね!!

当スタジオが初マタ、新米ママさん方に選ばれる理由

当スタジオ「ポアロネ」が皆さんから支持されている理由というのがあります。

①撮影体験プランの料金の格安さ
当スタジオは「セルフフォトスタジオ」という新しいカタチのフォトスタジオですので、お客様自身がお子様の撮影をします。そしてフォトブースがいくつか設けられていますので、そこで可愛い表情を撮影します!ですのでカメラマンが撮影しない分料金がお安くなっています。ちなみにお子様の撮影はご希望がありましたらカメラマンも撮影に参加しますので安心できます。その詳細についてはHPをご覧くださいませ!でもなんで綺麗な写真がみんな撮影できてるのか?というと、専属カメラマンが撮影のポイントなどを教えていますから、初心者の方でも大丈夫なんです!

②アットホーム感のあるスタジオです
当スタジオは皆さんが緊張せずに撮影会に参加できますように気軽にお話ししていくスタイルです。お客様の中には「フォトスタジオって聞くと何か緊張してしまいます…。」というも方もいますよね?そんな方がずっと撮影時間が終わるまでそんな感じですとなかなかいい写真が撮影できません。ですので僕は、お客様とのコミュニケーションを大事にして、緊張を解してあげています。

どうですか?皆さんも当スタジオ「ポアロネ」に興味が少しでも沸きましたらお気軽にご連絡くださいませ。

ポアロネ  済藤